waonを最大限活用できるポイントカード

スポンサーリンク

最近は、電子マネーが普通に取り扱われるようになっていますねヽ(*´∀`)ノ 私は30代の人間ですがつい10数年前までは、電子マネーなんて地方ではなんだそれ???といったようなもので、友達関係でも電子マネーを使いこなしている友達は少し羨望のまなざしで見ていたものです。でも最近では、AUウォレットなどもCMで有名ですし、イオングループで使用できる電子マネーWAONなんかも主婦の間なんかで強い人気がありますね。

その主婦の方に高い人気がある電子マネーWAONとはイオングループで提供しているポイントカード、イオンカードで使用できる電子マネーです。電子マネーWAONを使用して、WAONポイント(WAONとWAONポイントは別です)として還元できるイオンのポイントカードは多くの種類がありますが、この記事では一番効率よくポイントとして還元できるポイントカードについて説明していきたいと思います。

一番お得なイオンカードは何?

①イオンで取り扱っているイオンカードの種類を知ろう

ではイオンカードを作成したいと考えた場合、まずは何枚ぐらいの種類のイオンカードがあるのか気になりませんか?イオンカードの種類は、ポイントカードの中でもトップクラスの種類を揃えています。では、何枚ぐらいなのかといいますと2015年現在では57枚となっています。下の画像はイオン公式サイトのトップページの画像になります57枚ですよ・・・どれがいいかなんて分からなくなると思いませんか?

イオンカード57枚発行

イオンカード57枚発行

分からなくなって当然です。なぜイオンカードがこれくらいの種類を扱っているのか・・・と言いますと、それはイオンが日本でも最大大手の業界であり、多くの会社と提携しているからです。通常クレジットカードは、○○一体型カードなどと、多くの電子マネーとの一緒の取り扱いが可能なポイントカードなどがあるため、必ず数種類以上は取り扱っています。しかし、イオンカードの場合は、さらにその上を行く取り扱い先の数です。電子マネーとの一体型のカードだけでも、十数枚ぐらいありますし、それ以外にも、あげたらきりがありません。

②本当は自分のニーズにあったカードをセレクトするのがベスト

そんなに種類があるのら自分の生活環境とマッチしているイオンカードをセレクトするのが一番ベストですよね。ジャスコやマックスバリューなどのスーパー関係での買い物が多い主婦の方でしたら、通常のWAON一体型のイオンカードがオススメですし、首都高をよく利用される方でしたら、毎週日曜日にETCで利用すると5%引きになるイオン首都高カードなんてものもありますし、その他に電子マネーSuicaなどをよく利用される方でしたら、イオンSuicaカードなんてのもあります。

正直、この記事でその説明をしようとしたら・・・何ページあっても説明がしきれません。それほど、イオンカードはポイントカードの中でも、ニーズに富んだ多くの種類のポイントカードを取り扱っています。詳しくは、暮らしのマネーサイトというイオンの専用サイトで確認してみてください。見ているだけでどれを作ったらいいか???と悩んでしまうかもしれません。

③では一番ポイント還元できるイオンカードは?

では単純に、【一番ポイントが還元されるイオンカードって何】かといいますと、それは【イオンカードセレクト】です。イオンカードセレクトは、通常のワオンカード機能、クレジットカード機能、イオン銀行のキャッシュカード機能の3つが一緒になった、イオンカードの中でも一番まとまっているカードです。んじゃどれくらい便利なのか、イオンカードの中でも一番オーソドックスなWAON一体型イオンカードと比較した場合のメリットポイントを簡単に説明しますと、

  1. クレジット、WAON、イオン銀行キャッシュカードが一体である
  2. オートチャージ機能といった方法で一番のポイント還元率を誇る
  3. イオン銀行で公共料金などの引取りをすると特典WAONを獲得できる
  4. 給与振込先としても特典WAONを貰うことができる
  5. ワーナー・マイカル・シネマズで使用すると500円割引される

などなどです。その他にも、イオンカードセレクトでのイオン銀行利用の方は、銀行金利としては最高水準となる、0.12%になったり、バースデー割引なんてものもあります。ではデメリットは何が挙げられるかと言いますと・・・1つだけです。それは【クレジットの引き落とし銀行が指定できない】といったことです。普通であれば、クレジットカード利用での引き落とし先の銀行は、自分で指定できるところが多いです。しかし、イオンカードセレクトの場合、イオン銀行のみしかセレクトできません。というか、イオンカードセレクトの申込みした際に一緒にイオン銀行の申し込みも行うようになるからです。

④イオンカードセレクトが一番のWAONポイント還元率

基本的に、イオンカードでのポイント還元率は0.5%となっています。電子マネーWAONの支払いなら、200WAONで1ポイント、クレジット機能での支払いでも0.5%となっていますし、普通のイオンカードを使用していていると、どのようなカードの使用方法でも0.5%が最高の還元率になります。では、上で紹介した1つのメリットポイントでもあります一番WAONポイントを還元できる方法はどうするのか言いますと、それは【オートチャージ機能】を活用します。

オートチャージ機能とは、カードに入っている電子マネーWAONがあなたが設定した一定ポイント以下になったら、イオン銀行から勝手に、あなたが設定した金額分のWAONをチャージしますって機能です・・・

分かりましたか???もっと簡単にいえばあなたのオートチャージの設定が 3000円分のWAON以下になったら、イオン銀行から3000円分のWAONを勝手にチャージしてね!って機能です。(もちろんイオン銀行にお金が入っていないとできませんので、勝手にお金を借りることになるような機能でありません)

んで、このオートチャージ機能が発動されると、チャージした金額に対しても0.5%のポイント還元が適用されるのです。あくまでもオートチャージ機能を使った場合ですからね。自分でチャージしても意味がないので忘れずに。イオンカードセレクトはこの機能が使うことができるから、イオンカードの中でも最大の還元率を誇るのです。

WAONでの支払いで0.5% + オートチャージ機能で0.5% = 1%のポイント還元

といった組み合わせになるわけです。正直言って、カードの年会費がタダで利用できポイント還元が1%のクレジットカードはなかなかありません。代表的なところでは楽天カードなんかが有名ですが、楽天ポイントは楽天での支払いでしかつかえませんからね・・・WAONと比べたらちょっと見劣りする部分もあります。しかし、WAONであれば、イオングループとその提携先であればどこでも使用できるので活用幅はかなり多いはずです。

※クリックするとイオンカードセレクトへの申し込みページに行きます。

イオンカードをもっとお得に申し込む方法

実はイオンカードの申込を行う際にポイントサイトを経由して申し込むと、簡単にWAONポイントを特典として手に入れることが可能なのです。獲得できるポイントは時期によって変動しますが、大体数千分ぐらいのポイントを獲得することが可能です。詳しくは下の2つの記事を参考にしてください。

詳しいポイントサイトの説明についてはポイントサイトについての記事

WAONのお得な申込方法についてはWAONをチャージするならモッピーで決まりの記事

クレジットカードといったものは、ポイント還元ができますので、最近非常に人気が高い社会人アイテムの1つとなっています。その中でも、イオンカードセレクトは、イオングループでの使用で大きな効果を発揮するベストアイテムとなっていますので、主婦の方のみならず男性の方でも持っていたいオススメポイントカードとなっています。普通銀行口座としては最高の金利を誇り、イオンATMでの引き落としや振込であれば手数料がいつでも無料となるイオン銀行ももれなくついてきますので、是非ポイント還元生活の必須アイテムとして活用してください。