ネット内職で稼ぐ!記事作成案件の具体的な作成方法

スポンサーリンク

この記事では、ネット内職でオススメの記事作成案件について効率よくこなす方法について説明します。

ちなみにネット内職の記事作成のお仕事を行うにあたり、事前に便利なお仕事紹介サイトに登録しておくと、同じ内容の案件でも獲得できる金額の比較ができますので、便利です。

記事作成案件のこなし方と作成方法

記事作成の案件を行っていくに当たり、当サイトではポイントサイトモッピーを例に取って紹介していきますので、初心者の方でしたら、まずはモッピーへの無料会員登録後やり方を参考にしてみてください。

モッピーについては、ネット内職に適した優良お仕事紹介サイト の記事で紹介していますので参考にしてください。

報酬単価を考慮して選ぶ

まず、記事作成の案件を行うにあたり、一番大切なことは、【少しぐらい難しくても報酬が高い案件を選ぶこと】です。これは時期に寄って若干変動しますので、1つの目安としては、1文字で0.2円以上の単価の案件をこなすことが理想的です。

例としては、

  • 特定キーワードを含んだ500~600文字で100~120円以上の報酬

あたりがオススメです。

特定キーワードを含んだ500~600文字で100~120円以上の報酬

単価報酬が0.2円以上の案件は結構探せばあります。モッピーを例に取って紹介すると下の画像になります(2015年5月時点)

モッピー記事作成案件

これは500文字で105円分の報酬単価を獲得できます。こういった案件が数をこなしていく上では一番理想的な案件です。基本的に100円以下の案件については、途中途中で画面切り替えや案件確認などのロスを考えると時間的ロスが多くなるので、報酬が一定以上の高い案件を一生懸命こなしたほうが効率がいいです。

注意事項をよく確認して作業を行う

記事作成を行うにあたり、注意事項も存在します。上の案件ですと、モッピーでは

・サイトスタッフのなりきりが薄いものはNG
・文章全体がネガティブな内容はNG
・業者の具体的な数などを記載することはNG
・「インターネットで調べると~です。」のような当たり前とされる内容を含むものはNG

※この案件は、文章の内容が薄い・表現が稚拙なものは非承認となります※

■概要
——————————————–

指定されたサイトのスタッフになりきって、
役立つ情報を発信するブログ記事を書いて下さい

※各都道府県別に特色がある物に関しては、
それぞれ設定されている都道府県の現況などに付いて調べ、文章に含んで下さい。
(例:本州太平洋岸地域、九州ではイエシロアリによる被害が多く、本州、九州の内陸部ではヤマトシロアリの被害が目立つ、等)

——————————————–

■指定事項
——————————————–

文末表現:「です・ます」調
・【サイトのスタッフ】目線から書いて下さい。
L各地域ごとの口コミ紹介サイトです。
※口コミサイトのスタッフなので、
実際にキーワードに関する仕事や作業を行うスタッフではありません。

・優劣をつける内容はOK
・多少のネガティブ(注意点・リスク等)OK
・固有名詞は文章に必要な範囲でOK

——————————————–

となっています。基本部分のみ簡単に抑えて紹介しますと、

  • ~です。~ます。をしっかり使い分けて書く。~だ。とか、~だそうだ。とかといった他人的な言葉や殴り書き的な言葉は使わない。
  • 自分が特定のスタッフになりきって書く。この場合はクチコミスタッフなので、あくまでも会社的な文法が的確

大事なことはある程度、丁寧な言葉でしっかり紹介する内容を盛り込んで作成することです。

キーワードを確認して盛り込む

上の案件の必要なキーワードは以下の画像のようになります。この場合は板金塗装、車塗装、車修理がキーワードになります。ここからこの案件を例に取って、具体的な作成方法を考えていきます。

記事作成の方法

タイトルはメイン、サブワードを見つけて考える

この記事のキーワードは、板金塗装、車塗装、車修理の3つなのでここから考えられる単純なこととしては、車の修理関係の記事がいいではないかと考えられます。又、それだけでは物足りないので、塗装に関することをサブ文章として考えます。私の場合は、この塗装といったサブワードで塗装代金を比較する!といったような内容がいいかと思います。

簡単に言えば

  • メインワード=車の修理
  • サブワード=塗装から連想される内容

まとめると、この場合は【車修理で塗装が必要なら塗装代はしっかりチェックしておくべき!】なんてのがいいかもしれません。タイトルさえ事前にしっかりまとめておくと、どういった内容で書けばいいのかはっきりしますので、後はこの内容にそって文章をまとめるだけです。

キーワードを盛り込みつつ文章の構成を考える

上の場合で記事を作成する場合、文章の構成としては、

  1. 車の修理を行うこと
  2. 塗装代がかかること
  3. 塗装代を比較すること

このようになります。この構成順番とキーワード板金塗装、車塗装、車修理の3つを考慮して文章を作成していきます。ものすごく簡単に私なりにまとめて記事を作成すると

何かしらの事故を起こして車修理が必要になったら、車塗装だけは注意しなければいけません。車塗装の中でも特に板金塗装は一番注意です。板金塗装車塗装の中でも一番お金が掛かる行為なので、事前にしっかり見積もりを取って他の修理屋さんも比較したほうがいいかもしれません。

な~んて感じになります。これはものすごく簡単にまとめた内容ですが、事前にしっかり文章構成を考慮したタイトルを考えておけば、意外と簡単に記事を作成することができます。

キーワードの意味を事前にネットで調べておく

記事作成を行う上で、最低限キーワードの意味をしっていないと記事を作成することはできません。例えば上の3つのキーワードの場合、車修理は分かっても、板金塗装は分からず???となるかもしれません。こういった場合は、ネット検索で調べておく必要があります。

キーワードの意味がわからないと上で説明したような文章構成を考えることもできませんので、最低でも対象キーワードの意味ぐらい知ってから記事作成を行うようにしましょう。

特定の文章で文字数を稼ぐ

決まった文字数で記事作成を行う場合、自分がしっかりしっている案件なら意外とスラスラかけるかもしれませんが、調べながら書いていくと、途中で規定文字まで達することができないこともあります。そんな場合は適当ワードで文字数を稼ぐのも1つの方法になります。例えば、

  • 語りかけるような文章=【あなたはどう思うかわかりませんが・・・】とか【・・・は知っておくべきです】など
  • 同じ含みの言葉を繰り返す=あれ、これ、この、などといった言葉ではなく、キーワード文章を繰り返す

例 車の修理の文章の場合は、

私は車の修理はどこでもいいと思います。なぜならこの【←このではなく、[車の修理を行う]などで代名詞はあまり使わない】場合、修理代はどこでも同じだからです。

記事作成で必要なのは抜粋するセンス

記事作成を行っていく上で注意したい点のみまとめて紹介してきましたが、一番肝心なことは、特定のキーワードから何を考えられるかです。

よくこういった文章作成だと、しっかりした内容で欠かないといけないと思うかもしれませんが、そうではありません。

キーワードからしっかりしたイメージさえつかめれば意外と簡単に文章は作成できます。

読書感想文なんかで考えると、あなたはその本を1~10まできちんと読み込んで書いていましたか?私はそうではありませんでした。途中途中を読んで、大体のストーリー性を読み取って、その本の一部分の文章を抜き取ってその感想などを書いていました!

記事作成も同じです。1000文字以上とかの文章とかですと、細かなところまでの内容を把握していないといけないかもしれませんが、600文字ぐらいであれば、キーワードから考えられる内容さえ自分で把握できればそれほど難しくないと思います。

大事なことはキーワードから自分が作成したい文章のイメージをつかむことです。

後は案件をこなしていけばだんだん要領が分かってくるはずなので、最初は難しいと思うかもしれませんが、頑張って数をこなしてなれていきましょう!