FX業者選びと口座開設をしてみよう

スポンサーリンク

a0002_003674.jpg

FXで資産運用を考えているのなら、まずは、FX口座を開かないとはじまりません。FX口座とはそのままで、FX取引を行う上でお金のやり取りを行う口座のことをいいます。FX口座については、FX業者を通して口座を開く必要があり、口座の特徴も、利用する業者によって様々です。

口座の開設に関しては、だいたい無料の所が多いですが、その後の運用として毎月手数料がかかったり、取引した祭に一定の手数料がかかったりと口座を開設するのは無料でも、その後に維持管理費がかかりますので、ただ開いておけばいいといったわけでありません。

FX業者選びは、今後のFX取引を円滑に行っていくで一番最初の肝心なポイントとなってきますので、自分が利用したいと感がている口座の情報をしっかり調べて利用することを強くオススメします。

FX口座の開設が完了したら、こんどは口座に一定の金額を入金しなければいけません。この入金しなければいけない一定の金額を【証拠金】といいます。もう少し簡単に説明しますと、アパートなどの借り入れの祭に必要な敷金礼金とにています。この証拠金を口座に入金することで、担保として口座の利用が可能になります。担保といっても、この証拠金がFXでの取引の元手金になりますので、必ず必要な入金といえます。

証拠金の入金額については、口座によっては大きな違いがありますが、安い所で10000円~高いところだと100000円~となっています。大体の相場でいえば50000円ぐらいが平均と見て頂ければ問題ないかと思います。

といってもFX取引を行う上で10000円は少し少なすぎる気もしますので、FXでそれなりの資金運用を考えているのなら最低でも50000円、余裕があれば100000円ぐらいは入金していきたいところです。

FXの業者については、様々な業者がありますので、一口にどこの業者がいいとはいいきれませんが、初心者の方が口座を開くのであれば、次の記事で紹介している5会社の中のどれかがいいと思います。

実は、FX口座をポイントサイト経由で開くと、1口座につき10000円近くのポイント=お金を稼ぐことができます。そういったことも含めて、初心者向けのオススメ口座とポイントサイトを経由して作成すると獲得することができるポイントについてもまとめてありますので、参考にして、FXで稼ぐ軍資金の一部にしてみてください。

FX初心者がFX口座を開いて稼ぐ方法