初心者が知っておきたい FXで稼ぐ3つの基本方法

スポンサーリンク

FXで稼ぐ理屈は大きく分けてこれから紹介する3つの方法がメインになってきます。

まず1つ目の方法・・・それは為替を予想して、儲かるタイミングで売り買いを行うこと【為替差益】で収益をだせばいいのです。

大きく分けると、【為替差益】の方法は2通りの手法になります。

1、通貨が安いときに購入して、高くなったときに売りにだして収益を出す方法
2、通貨が高いときに購入して、買った通貨を安く買い戻して収益を出し方法

と、この2通りが主な方法になります。

もう少し具体的に説明しますと、
1、通貨が安いときに購入して、高くなったときに売りにだして収益を出す方法 
これは、当たり前の稼ぎ方になります。株式投資でも、売値が安いときに購入して、値が高くなったときに売って利益を出す行為です。例えば、ドルが100円の時に購入して、105円の時に売りに出せば5円の儲けになります。投資金額が100,000円の場合、単純に105,000になるので、儲けは5000円になります。これは投資の王道の方法で、一番簡単で効果的な方法です。

しかし、何時、元値より高くなるかは、世の中の情報を取りながら予想しなければいけないので、それほど大額の金額を手に入れるのはかなりの熟練スキルも必要になってくると思います。

2、通貨が高いときに購入して、買った通貨を安く買い戻して収益を出し方法
これは、ある意味で言えば、FX特有の稼ぎ方になります。それは、FXは日本の円も買うことができる?といった内容を用いて利益を出す方法です。これは説明すると少し難しい所があるのですが、円高を利用した稼ぎ方になります。

もう少しで円高になる?と思ったときに外貨の売りに入って、円高になったときに買い戻す行為です。普通に考えれば、マイナスになるのでは?と思うかもしれませんが、これはFX特有の条件があることでできる方法なので、儲けにつながることができます。

次に2つ目の方法・・・【スワップ金利】です。

まず、金利と言った言葉を聞いたことはありますでしょうか?現在の日本の金利は余裕で1%以下となっており、銀行に預けておいて儲けるといった金利率ではありません。しかし、外国ではその金利が5%とか場合によっては10%以上になるような金利の所があります。スワップ金利とは、こういった通貨の金利の差のことをいい、こういった金利の差を用いて稼ぐことがスワップ金利で稼ぐ方法になります。

しかし、デメリットというか、盲点もあります。それは、スワップ金利の定義が購入した時にしようした通貨と購入した先の通貨の金利の差がスワップ金利だということです。例えば、金利1%の通貨で5%の通貨を購入した場合、スワップ金利は、5%-1%=4%となり、この4%が対象になるということです。その為、いくら金利の高い通貨を見つけても、それに負けないくらい高い通貨で買っては利益差があまりでないということです。

ですので、スワップ金利で利益を出す一番の重要ポイントは、低金利の通貨で高金利の通貨を購入するのが一番の稼ぎ方になります。


最後に紹介する3つ目の方法・・・【レバレッジ】です。

最後の方法として紹介するレバレッジは、ある意味ギャンブル性が高い方法です。それは、元手金を何倍にもできる方法です。

詳しい詳細はここでは割合しますが、この方法を用いることで元手金が少額でも、レバレッジをもちいて何倍にも膨らませて儲けを出すことが可能になるのです。

元手金が100000円で売り買いを行うよりも、100倍の1千万で売り買いを行うのとでは、設けたときの差が全くと言っていいほど違います。しかし、儲けが100倍になる分、リスクも100倍になります。当たり前のことですが、元手金以上のお金を使うギャンブル性の高い方法なので、ここぞといった【必ず利益が出る】と思ったときぐらいにしか利用しないほうがいいかもしれません。

しかし、単純に2倍とか3倍で行うのであれば、それほどリスクは高くなりませんので、自分のFXスキルが上がってきたら試してみるのをおすすめします。

以上FXで稼ぐための基本的な3つのテクニックを紹介しましたが、まずは、一番基本的な【為替差益】で試してなれていくことから始めるのが一番でしょう。

稼ぐ方法が理解できたのなら、次はFXを始める上で一番大切なFX口座を開設していきましょう。

FX業者選びとFX口座開設をしてみよう