クレジットカード審査で非承認にならない為の対策

スポンサーリンク

クレジットカード

クレジットカードを作ろうとした時に最初に気になるのが承認がされるかどうかといったこと!

クレジットカードは大変便利なので、正直1枚は持っておきたいものです。しかし、承認されないと配布がされないので、そんなことを気にして申し込みをためらってしまう人もいるかもしれません。そこで、そんなクレジットカードで承認されないための対策について記事に敷きたいと思います。

承認されないパターンを知る

まずはじめに、クレジットカードを申し込んだ祭に承認されない多くのパターンは3つしかありません。

  1. 借金などが多く、社会的信用がない人
  2. 自分の収入以上のキャシング枠をつける人
  3. 間違った情報を記載して申し込んだ人

すごく当たり前のことですが、これができていないとまず承認はされません。

借金などが多く、社会的信用がない人

これは当たりまえ過ぎることですが、金融関係の借金がありすぎる人や自己破産などをした社会的信用が薄い人はブラック的な要因が強すぎるため、まずクレジットカードで承認されるのは基本的に無理な場合が多いです。

しかし、社会的信用といっても収入が少なかったり、専業主婦などの人は別です。こういった方は身の丈に合った金額で申し込みをすればある程度承認されるケースが多いです。

自分の収入以上のキャッシング枠をつける人

この場合は比較的簡単で、自分の年収以上のキャッシング枠をつけてしまうことです。例えば、年収が200万前後の人が、申し込みの祭のキャッシング枠を50万とかとしてしまうと、クレジット会社側で・・・この人このくらいの年収なのに本当に返すことできる?と思われてしまうからです。

キャシング枠といったものは自分の生活水準に合わせた金額を設定する必要があります。

間違った情報を記載して申し込んだ人

クレジットカードを申込む際に必要な情報といったものは大変重要なことです。間違いが1つあっただけで、承認されないケースもあります。住所の間違いであったり、会社情報を入力する際に、営業の仕事をしているのに、製造の仕事をしているとかと申し込んだりなどなど、ザックリ申し込んでしまったりとか・・・適当に申し込んでしまうと承認されないケースがおおくなります。

クレジットカードの承認は、一度非承認になってしまうと、その後もほかのクレジットカードを申し込んでも非承認になってしまうケースが多いです。それは何故かといいますと、クレジットの承認会社は一緒だからです。

その為、一度間違った情報で申し込んでしまうと、次に申し込んだ時に、【この人この前記載してきた内容と違うからうさんくさいな~】となってしまうのです。だからこそクレジットカードの申込をしたいのであれば、しっかりした情報を記載しないといけないのです。

非承認にならない為の対策

ではクレジットカード申し込みの際に非承認にならないためにはどうすればいいのかといいますと、比較的簡単です。ここで説明するのはごく当たり前のことですが、これだけで十分承認されることができます。

  1. 簡単なクレジットカードに申し込む
  2. 記載情報を正確に申し込む
  3. 決まったカードブランドを選ぶ
  4. キャシング枠を不用意に大きくしない

以上の4点を絞って利用すればまず承認されないといったことはなくなるはずです。

簡単にクレジットカードに申し込む

クレジットカードの種類はそれほど山のように多くあります。どのクレジットカードを利用するかを考えた時に自分の収入やニーズにあったクレジットカードを申し込む必要があります。

一番無難なクレジットカードは楽天カードとかイオンカード、各コンビニが提供するポイントカードにクレジットカード機能が付いたカードなどです。

こういったカードは大衆向けに作られているカードなので、広く普及している分承認されやすい傾向にあります。例えば、楽天カードなんかは年会費無料で還元率が1%と非常に人気が高いのが売りですが、それ以上に多くの人がもっている!といったことが売りなのです。

その分、申し込んだ際に承認されやすい傾向が高いので、収入が少ないアルバイトの方や主婦の方でも承認されやすい傾向にあります。

記載情報を正確に申し込む

クレジットカードを申込む際に記載する情報を正確に記載する必要があります。カード会社ではその情報を元に確認をとって、社会的信用があるかどうかを判断するので、間違った情報(特に年収や住所、個人名、会社名、借金があるかないか?)を入力してしまうと胡散臭く思われてしまうので注意が必要です。

決まったカードブランドを選ぶ

クレジットカードを申込む際に選ぶことになるのが、カードブランドです。簡単に言えばカード会社です。JCBとかマスターカードとか、VISAなどがそれにあたります。

複数のクレジットカードを持ちたいのであれば、一度承認されているカードブランド会社に申込む方が承認率が高いです。例えば、初めてクレジットカードを申し込もうとした時に、JCBでは非承認になったけど、マスターカードでは承認された!というのであれば、2枚目以降のカード作成時も同じカードブランドにしたほうが無難です。

一度承認されているカードブランドであれば、【この人大丈夫】と一度なっていますので、比較的承認されやすい傾向にあります。

キャシング枠を不用意に大きくしない

これは上の注意事項でも上げましたが、自分の年収にあったクレジットカードのキャッシング枠を付けるのが一番ベストです。クレジットカードでの利用が少ないと思うのであれば、できれば最低枠の10万にしておきたいところです。

これは自分の勝手な意見ですが、基本的なキャッシング枠は自分の年収×5%~8%ぐらいが限度かと思います。300万の年収であれば10万~20万ぐらい、500万であれば、20万~40万ぐらいでしょうか?

あまり偏ったキャッシング枠をつけても返すことができなくなると、次回別のクレジットカードを申し込もうとした時にブラックな扱いを受ける可能性がありますので、特に初めてクレジットカードの申し込む人ほど、あまり大きな金額での枠を付けないようにしましょう!

非承認にされない要点まとめ

クレジットカードの申し込みは初めての時が一番かんじんです。最初から高価なクレジットカードや大きなキャッシングをつけてしまって、お金を返すことができなかったりしてしまうと、次に申し込む時にダメになってしまう可能性が高くなってしまうので、最初は簡単なクレジットカードで最低枠で申し込むのが一番おすすめになります。

上で紹介したのは最低限の注意点ですが、上の方法さえ守っていれば、無職や主婦の方でも承認される可能性があります、例えば主婦の方でしたら、自分の収入がなくても、旦那さんの収入が安定しているのであれば、簡単に承認されます。

基本的に、カード会社では広く多くの人に利用してもらいたいと思って、クレジットカードを広めているわけですから、無理な使い方をしなければそれほど非承認になるといったことは希なはずです。

ポイント目当てなら一括返済が基本

クレジットカードは利用するとポイントが付くのは有名なことです。そのポイント欲しさに申し込む人も多いです。その際に注意して欲しいのが、利用した金額の一括返済です。ポイントを貯めるためにクレジットカードを作成したいのであれば、自分のできる範囲内で利用し、支払いの時は一括返済できる額までを利用することをおすすめします。

必要以上の金額をクレジットで支払って、期日まで払うことができないとブラックな要因にもなってしまうので十分注意しましょう

ネットで申し込むならポイントサイト

もし、ネット経由でクレジットカードを申し込もうと考えるのなら、ポイントサイトを経由して申し込むのがおすすめです。ポイントサイトを経由して申し込むと、対象カードのキャンペーンポイントと別にポイントサイトでも数千円分のポイントを獲得することができるので大変お得です。

個人的にはポイントサイト【ハピタス】を経由するのがおすすめです。

詳しくは 高額案件クレジットカード作成ならハピタス経由 の記事を参考にしてください。

ポイントサイトではクレジットカードのレビュー記事なども載せていますので、どういった感じで利用できるのかとか、承認されたとかされなかったとかいろんな口コミが見れるのが参考になります。