ネットで資産運用を行うならFX取引

スポンサーリンク

a0002_001041.jpg

FXと言った言葉は聞いたことがありますでしょうか?近年流行してきた言葉で、簡単に言えば為替といった分類です。

外国のお金を買って、それを相場が高くなった時期に売って利益を出す行為をいいます。例えば、アメリカの紙幣であるドルを1ドル90円の時期に購入したとします。そして、購入して2,3日後に100円になったとします。その場合単純に1ドルを売れば100円-90円で10円の利益が発生します。

元手金100,000円で上の行為を行った場合、100,000円÷90円=1111ドル買ったとします。それを1ドル100円になったときに売れば、100円×1111ドル=111,100円になります。その為、111,100円-100,000円=11,100円の儲けとなります。

わかりやすく説明する為に単純な例えで説明しましたが、こういった内容で外国紙幣を売り買いして利益を出す行為を、為替またの名をFXといいます。内容的には株式で儲けるデイトレーダーとにていますが、単純な外国紙幣の売り買いになっていますので、多くの情報が必要な株式売買で利益をだすデイトレーダーよりは手軽な分野になっていると私は勝手に思っています。

デイトレーダーは何千とある株式上場企業の中から株価が上がりそうな会社をチョイスしてそこの株を買い、高くなった時点で売りを行って儲ける行為です、売り買いといった意味ではFXと似ていますが、稼ぐために手に入れなければいけない必要な情報量を考えれば断然FXの方が勝手がいいと思います。

FX取引は1998年~日本の外国為替及び外国貿易法が変更されたことにより開始されました。又、その時期ぐらいからネットの普及がイッキに広まったことや、24時間取引可能なオンラインかが可能になったことでかなりの人気がでました。

世界経済の衰退の引き金となったリーマンショック以前はFXが最も稼げた資産運用としてかなりの高い人気を誇っていました。しかし、その後、リーマンショックによって、損失を多く被った方も多く、現在のFXはその時と比べれば、簡単に稼げる?というまではいかなくなってきています。しかし、それでも、手軽さと、何時でも何処でも取引可能といったメリットで人気が今だ高いのも事実です。

又、FXの人気が高い1つの理由として、少額の金額でも、レバレッジといった方法で大額の金額を扱うことができるといったメリットがあります。例えば、10000円しかなくても、10倍のレバレッジを行えば、単純に投資金額100000円で取引ができるといった内容です。しかし、少額のお金で大額のお金を扱えれる分リスクもあります。単純に10倍にしたら、損したときのリスクも10倍になってしまうことです。

しかし、FX取引の運用金額は10000円~取引することができ、ネット環境があれば、24時間何時でも利用可能なので手軽に利用できる面ときちんとしたリスク管理を行っていれば、ネットでの資産運用の方法としては最も手軽で効果が高い利用方法と言えます。

当ブログで紹介しているポイントサイトでのお小遣い稼ぎや、アフィリエイトなどでの活動でまとまった金額がたまってきたら、それを資産運用の為の資金としてネットでFXを使った資産運用を初めてみてはどうでしょうか?

ネットでのFXがオススメな訳をまとめますと主に7つの理由があります。次の記事ではその理由について紹介します。